なにを食べたら胸が大きくなる?

胸が大きくなる食べ物の一つとして、大豆が挙げられます。大豆には大豆イソフラボンが含まれていますが、これが女性ホルモンに似た働きをするのです。

女性ホルモンは女性らしい丸みを帯びた体つきにするなどの作用がありまして、胸の発育にも関わってきます。ただ、大豆製品をやみくもに摂れば良いという訳ではありません。

グリコシド型という発酵していない大豆イソフラボンは、血中へ吸収される割合が少なく、たったの2割です。

逆に、アグリコン型という麹菌発酵後の大豆イソフラボンは血中へ吸収される割合が8割と多いので、効率の良さを考えるのであればこちらを積極的に摂取したいです。

アグリコン型の大豆イソフラボンが多く含まれている食品は味噌や醤油でして、毎日の摂取はさほど難しくありません。ただ、どちらも塩分が多いので、他の食品の塩分を減らすなどして塩分過多にならないように注意してください。

豆腐入りの味噌汁は、グリコシド型の豆腐とアグリコン型に味噌を同時に摂れるという理想的な食べ物です。

胸を育てる栄養素ってあるの?

胸を育てる栄養素として、たんぱく質やボロン・イソフラボンがあります。たんぱく質は様々な働きがありますが、卵巣の働きを活発にさせて女性ホルモンの分泌を促したり、胸の細胞を作り出すこともします。

また、成長ホルモンの分泌も活発にしますが、より多く成長ホルモンが分泌されるのは10代の成長期です。なので、この時期にたんぱく質の摂取を怠らず、適切な睡眠時間の確保をするなどの規則正しい生活習慣を送ることが大切です。

例えば、ホットミルクを寝る前に一杯飲むと、たんぱく質を摂取できると同時に成長ホルモンの分泌を促すことができるので効果的です。

ボロンはキャベツに含まれるもので、女性ホルモンを活性化させます。女性ホルモンは乳腺を発達させるのですが、それに比例して脂肪がつくので胸が大きくなるのです。

イソフラボンは、女性ホルモンと似た構造なので、女性ホルモンと同じような作用があります。このように、バストアップに関連する栄養素は複数あるので、バランス良く摂取したいですね。

自宅でできる簡単バストアップ法

美しいバストはスタイルを良く見せ、セクシーな印象を与えます。特にイベントやプールなど水着姿で、思い切りはじけたいと思う女性にとってバストアップはとても重要な課題でしょう。

昨今、美意識の高い女性が増えバストアップに関するサプリメントやクリーム、エステなど様々な方法が世の中に溢れています。しかし、経済面や持続性のことを考えると手出しするにはハードルが高いと感じる人もいます。

そこで、自宅でも簡単にバストアップできる方法を紹介します。

本来バストは柔らかいものですが、日常生活の中で同じ姿勢を繰り返すことが多いと、血流が悪くなり、バストがガチガチに硬くなっている場合があります。そんな時は、バストまわりのリンパにたまった老廃物をマッサージによって押し流す必要があります。

入浴後に、二の腕から脇、バストまわりをリンパ節に沿って押し流すようにマッサージしましょう。この時、肌を摩擦で傷つけないように、マッサージオイルを使うことをおすすめします。

マッサージを日課にすれば、バストも柔らかくなり効果を実感できるようになるでしょう。

バストアップに最適な筋トレ方法

女性の美しさのひとつであるバスト、大きく形が良いと魅力をさらに引き出してくれますが、一般的に痩身と違って理想とするバストを作るのはかなり難しいことです。

痩せるだけなら食事制限や運動で可能ですが、バストアップというのは単純に太ればいいというものではありません。

それではどうすればいいのか、バストといっても必要なのは支える筋肉になってくるので、正しい筋トレの方法と栄養を摂取することでバストアップが可能になります。

バストアップに適した筋トレといえば腕立て伏せがありますが、これは正しい方法で行わないと余計な部分の筋肉ばかりが鍛えられてしまうので注意が必要です。

ではどのようにして行うかというと、膝を揃えてつけて、両腕を大きく開いてゆっくりと腕立て伏せをしていきます。ポイントは胸の筋肉を意識しながらすることで、インナーマッスルを鍛えることが目的なので負荷をあまりかけないようにして、1度に30回ほどを行っていきます。

負荷をかけすぎるのもNGですが、一方であまり負荷をかけないで腕立てをしても効果は見込めないので、30回腕立てをしたらちょっときついかな、という程度に負荷をかけて取り組むようにしてください。

これでまずは、最低2週間続けてみましょう。正しいフォームで取り組めば、体の変化を認識することができるはずです。

変化が認識できたら回数やフォームが正しいということの証でもあるので、そのままもう2週間続けてみてください。

一ヶ月後には、さらに体のメリハリを実感できるはずです。ただ、決してムリはしないように注意しましょう。